徒然。

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2013年】今年書いたのについてぼやく

<<   作成日時 : 2013/12/26 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

恒例行事。



【赤いミームはなき声をあげる】「科學奇幻」所収
博麗神社例大祭 文章量:約22KB

 「東方×SFで合同すんぜ!」と言われてホイホイついて行ってしまったわたくし。やるならそりゃああのキャラしかないだろう、と思ってがんばりました。少なくともハードSFにはかすりもしてないですが僕の中ではこれもSF。イメージとしては「Self-Refernce ENGINE」とか「犀が通る」みたいな手法を、ただ円城塔文体なんて到底真似できないので手法だけお借りした感じというか。某氏が言うには「火照るパン小説の入門に最適」だそうです。こ、こわくないよ!


【きゃっとそんぐ・しんぎん・あばうと・あ・ぱすと】「world and cronos」所収
博麗神社例大祭 文章量:約30KB

 昔語る猫のフフフン。頭文字がWとAとCの、分かる人にだけ分かる合同、分からない人には普通の秘封合同というアレです、書き手は弁士Tさんらしいですが僕も関わっていますというアレ。こっちはコミカルにいろいろやりたいと思って書いたんですがネタの源流は「四畳半神話大系」に「成恵の世界」のとあるエピソードのエッセンスを加えた感じです。


【アンタレスの断章】「world and cronos」所収
博麗神社例大祭 文章量:約17KB

 蠍です。こっちはストレートに青春やってみようと思ったもの。なにげに他の火照るパン小説ではあまり見ない内容のような気がしますよ? 時系列がバラバラにカットアップされた断章が並ぶ構成はアレですね、ニンジャスレイヤーですね。ごめんなさい嘘です。メリーがピアノを弾く姿を見たいだけの人生だった。


【千年幸福論】「アリスト」所収
博麗神社例大祭 文章量:約80KB

 テン年代のゼロ年代延長型文芸合同誌「アリスト」にお呼ばれしてしまったものです。参加者それぞれがリスペクトする作家を最初に決めて書き始めた本なのですが、そりゃあ僕は当然舞城王太郎なわけで、文章もそっちに寄せてみました。とはいえ、パスティーシュしたことで改めてよく分かったんですが、ぼくは舞城王太郎好きだけど、舞城ではないな、という(当然だ)。いや、「これ確かに舞城の文体真似してるけど絶対舞城が書かない内容だな……」と思ってしまう箇所が執筆中に数えきれないほどあって、自分のクセや思想が再確認できて、冗談じゃなくマジで勉強になりました。イラスト描きで言えば模写みたいなものですね……。妹紅が主役で、舞城っぽさを取り入れつつ妹紅の生き方をガッツリ書こうと思い、プロットを固めた後で、タイトルは「あ、これがぴったりだ」と思った、ロックバンドamazarashiの同名曲「千年幸福論」から頂きました。「ドナドナ不要論」とも似てる。似てない。


【ウサミンワンダーランド!】
コミックコミュニケーション 文章量:約28KB

 火照るパンでは恐らく初となる東方以外の本。アイドルマスターシンデレラガールズ本です。モバマスという作品と火照るパンの小説っぽさに折り合いをつけてくれる仲人はラドウィッジ・ドジソン氏に違いないと思い、「Alice's adventure in Wonderland」つまり「不思議の国のアリス」パロディと相成りました。なにげに一番楽しかったのは輝子のシーンを書いてる時だったような気がします。ただこれ×××で一気に書き上げたのでわりと僕のお脳のほうがワンダーランド状態でモウロウとして書いていたのでなんというかワンダーランドっぽくなってるんじゃないかと思います(こなみかん


【クリーム色のレイテンシ】「異世界からのラブレター」所収
コミックマーケット84 文章量:約14KB

 「超遠距離恋愛」をテーマにしたオリジナル小説合同誌への寄稿です。オリジナル小説を同人誌の形にするのは初めてだしそもそもまともにオリジナル小説を書くのも久しぶりだったので一体どうすりゃいいのかと考えた結果、いつもの自分で行こうという結論になりこうなりました。なんとなく覆面名義で寄稿したのですが正体を明かせば「あーつくしが書きそうな話だわ」と納得いただけたのはないでしょうか。ふたを開けてみると他の参加者みんながかわいいキャラクターを前面に出したエンタメを書いている中で一人空気読んでない感満載でひっじょーにアレでしたが。


「閑話求代」所収より、書き下ろし作
求代目の紅茶会 文章量:書き下ろし計 約22KB
【妖精は哲学する】

 今回の書き下ろしの中で唯一、以前からネタを温めていたものです。他はこの短編集を出すことを決めてから考えたネタ。この組み合わせはわりとアリなのではないかと。
【ゴンドラの唄】
 小鈴は本当に便利なキャラで、他のキャラではなかなか見せられない阿求の一面を引き出してくれます。あきゅすずかわいい。
【阿求ロボ】
 本来僕はこういった作風を好む書き手だったはずなんですが某氏に「つくしさん疲れてるんだな……」と憐みの目を向けられてアルェー?ってなりました。
【花の香】
 いやもうこの組み合わせ最高だよね! というリビドーだけで衝動的に書きました。あとはあきゅまりさえあれば世界は救われたも同然。


合計213KB
去年より大幅減。らいねんほんきだす(鬼笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2013年】今年書いたのについてぼやく 徒然。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる